アカウント
メニュー
producer

イマドキの将来なりたい仕事☆Webプランナー

  • 更新日 : 2014/01/14

最近は情報ポータルサイトのニュースで、「企業のサイトが注目を浴びて話題となっている」とか「サイトと企業イメージのギャップが受けて、知名度や売り上げが挙がっている」といった記事を目にすることが多くなりました。
そう聞くと思わず、そのサイトをのぞいてしまうという読者は多いことでしょう。
こうした知名度や集客アップ、収益アップで喜んでいるのは、サイトを運営している企業だけではありません。
それは、そのプランを考え出したWebプランナーです。
もちろん、裏方としての仕事ですから、「自分が企画したんです」と前面に出てくることはありません。
ですが、自分が手掛けた企画が世間の注目を浴びるまでに成功すれば、仕事の達成感はひとしおで、仕事のモチベーションアップにもつながるでしょう。
こうした喜びや達成感、多くの人から自分の手掛けたサイトが注目を浴びる点に人気が集まり、Webプランナーはイマドキの将来なりたい仕事に選ばれるようになりました。
これまで、Webサイトの制作というとクライアントである企業のイメージを壊さない、目的や要望に沿ったものを手掛けるというのが定番でした。
しかし、最近は奇抜な発想や企業イメージとのギャップが、クライアントの目的を達成するのに役立ち、予想以上の成果が上がることが少なくありません。
もっとも、こうしたプランにGOサインが出るためには、Webプランナーとクライアントとの信頼関係の構築と、説得力ある企画立案が不可欠といえるでしょう。

producerproducer

人気のプロデューサー求人