アカウント
メニュー
producer

どのくらい?Webプランナーの年収

  • 更新日 : 2013/08/08

Webプランナーの年収って、どのくらいなのでしょうか?
Webプランナーの平均年収は552万円となっています。
これは年代を問わず全体の平均ですので、世代別に細かく見ていきましょう。
まず20歳から24歳のケースでは425万円、25歳から29歳では375万円となっています。
20代前半より20代後半のほうがダウンしていますが、これはちょっと考えていただければお分かりになるように、20代前半でこの仕事に就けるというのは、相当優秀な人材です。
全体の割合にして2%しかいない、異色の才能の持ち主といえるでしょう。
これに対して、20代後半になると、逸材というよりは、実績を積んで職に就いたまだ経験の浅い若手という扱いになっていまい、少しダウンしてしまうのでしょう。
次に30歳から34歳は一番のボリュームゾーンで41%を占めます。
この世代の平均は517万円です。
続いて26%を占める35歳から39歳では576万円、16%を占める40代で672万円となります。
30代以降は年齢が上がって経験と実績が上がるにつれ、年収も増えていく傾向が見て取れます。
なお、平均経験年数は6.2年であり、この職種が比較的新しいことを考えると、40代の方は若い時からずっとこの仕事をしてきた人は少ないといえます。
つまり、他の業界での商品開発や企画、広告、営業などの実績を買われて、Webプランナーになったと考えられ、前職のキャリアの分、収入面でも優遇されているのではないでしょうか。

producerproducer

人気のプロデューサー求人

Ebnrjpeuavfvvkp031jl

クライアントの課題解決に向けたデジタルプロモーションを提案してください!

D2C dot Inc.D2C dot Inc.

私たちD2C dotは、クライアントの広告、マーケティング、コミュニケーションにおける課題をデジタルの力で解決することをミッションとしています。 その中でプロデューサーの方には、クライアントの課題抽出からプロモーション施策の企画提案、案件全体のプロデュースをお任せします。 ・クライアントの課題ヒアリング ・課題解決のためのストラテジープランニング、KGI達成に向けた企画提案 ・マネタイズ、全体統括 D2C dotには決まったプロダクトがなく、各クライアントごとの課題に応じて最適な施策を提案、実施しています。デジタルを中心としつつも、リアルイベントや紙媒体を使う機会も多いため提案内容や方法はあなた次第で無限に広がります。まずはクライアントの抱える潜在的な課題を掘り起し、ぜひそれを解決するベストな解決策をご自身の力で捻り出し、プロデュースしてください! <特徴> ▼働き方は自由 完全裁量労働制を取っているため、勤務時間が自由です。クライアントやチームメンバーやとのコミュニケーションが取れていれば、働く時間は自分で決められます。 仕事の進め方も基本的に個人の裁量に任せていますので、マニュアル通りに仕事を行っていただく必要はなく、起業するような要領で組織を創る、事業を創るという気持ちで臨んでいただきたいと思っています。 裁量権があり、自由度の高い環境である分責任が伴いますが、とてもやりがいのある環境であるといえます。 ▼挑戦し続けられます 様々な案件が舞い込んでくるため、多種多様な経験・挑戦ができる環境があります。 やりたいことはやってみよう!というスタンスですので、経験のない業務にも挑戦できますし、職種に関わらず日々の情報収集の中で得たアイデアを企画や提案に織り交ぜたり、新しい技術や気になるツールなどはどんどん試したりすることができます。 ▼NTTドコモ・電通の関連会社だからできること D2C dotの親会社であるD2Cは、NTTドコモと電通の合資で誕生した会社です(D2C、D2C dot共にNTTドコモグループです)。そのため、ドコモや電通関連の案件に携わる機会が多く、大手だからこその大規模プロジェクトのPMや大規模案件を担当できる機会があります。

  • 東京
  • 中途
  • 420万~650万