アカウント
メニュー
producer

Webの転職なら経験をいかしてWebプロデューサーに!

  • 更新日 : 2014/01/14

Webプロデューサーに転職するにあたっては、必ずしもWebサイトの制作経験は要求されません。
むしろ、Webサイトの企画や運用に携わった経験が求められます。
前職の経験もWeb関連業種やIT関連業種にこだわりません。
たとえば、食品メーカーやアパレルショップなどで、Webサイトを通じたキャンペーンを展開したり、Webサイトを使って集客や収益アップに繋げる事業に携わったといったものでも構わないのです。
今や、どんなジャンルの企業や店舗であっても、Webサイトの利用は知名度アップや売り上げアップに不可欠となっており、新規でインターネット事業部の立ち上げや、特に知識もないままWebサイトの立ち上げや運用を任されることも少なくありません。
そうしたイチからの叩き上げで身につけた知識や、企画、運用の経験というのがWebプロデューサーには生きてくるのです。
細かなサイト制作の知識や技術は、制作スタッフがフォローしてくれます。
求められるのは企画力やクライアントとのコミュニケーション力、交渉力、プレゼンテーション能力といった対外的なスキルといえるでしょう。
制作会社のスタッフや応募してくる人材には、サイト制作の実績やスキルは高くても、対外的な交渉力や人とのコミュニケーションを得意とする人は多くありません。
仕事の受注を得られるかどうかは、プレゼンテーション力にかかっているとも言えますが、その経験がない人も少なくないのです。
だからこそ、今まで培った企画やプレゼンなどの経験をいかすことができるのです。

producerproducer

人気のプロデューサー求人