アカウント
メニュー
director

Webディレクターとは?仕事内容は?5つの仕事タイプと4つの必須スキル

  • 更新日 : 2024/06/28

サイト制作をはじめとしたWebの案件では、プロジェクトを進行させるためにWebディレクターが必要となります。Webディレクターが担う役割は案件によって異なりますが、プロジェクトを成功させるために各メンバーとのコミュニケーションを密に取る重要な役割です。

今回はWebディレクターとはどんな職業なのか、5つのタイプ、Webディレクターになるために特に重要なスキルについてご紹介いたします。
 

directordirector

Webディレクターとはどんな職業?

サイト制作をはじめWebコンテンツを作るプロジェクトでは、Webデザイナーやエンジニア、フォトグラファー、ライターなどさまざまなメンバーが関わります。これらのメンバーを統括し、プロジェクトを滞りなく進行させる役割を担うのが、Webディレクターです。

プロジェクトは基本的にチームで進行していくため、Webディレクターはチームのリーダーとなって各メンバーをまとめます。同時に、クライアントとも綿密にコミュニケーションを取り、不測の事態が起きないように細かく調整を行います。プロジェクトの企画立案から携わり、全体のスケジューリングや品質管理を行ったりするのもWebディレクターの仕事です。企業によってどんな人がWebディレクターになるのか、案件によって具体的にどれくらいの範囲を担うのかは変わりますが、プロジェクトの進行においては中心的な存在となります。

このようにWebディレクターはプロジェクトの全体をまとめることから、Webに関する幅広い知識が必要とされます。また、実務を通してさまざまなスキルや経験を積むことができるので、キャリアアップも見込めます。

Webディレクターの求人を探す
 

Webディレクターの仕事内容、主な5つのタイプ

Webディレクターは、その仕事内容によって主に以下の5つのタイプに分けられます。
 

1.企画・マーケティング系のWebディレクター

企画立案から携わり、マーケティングの知識を用いてプロジェクトの設計を行うWebディレクターです。プランナーとしての役割を担っているので、プロジェクトにおける重要度が特に高いタイプのWebディレクターだと言えます。市場調査を行って狙うべきターゲット層や検索キーワードをピックアップし、どのような設計が適切か、どのようなクリエイティブが必要かを決めていきます。

企画内容をクライアントへ提案する立場なので、特にプレゼン能力が求められます。また、社内の制作チームを統率するためのコミュニケーション能力も重要です。
 

2.営業系のWebディレクター

クライアントとのコミュニケーションを綿密に取るタイプのWebディレクターです。企画・マーケティング系に比べると、社内のチームを回すよりもクライアントとのコミュニケーションが多く、クライアントが言語化しにくい要望も丁寧に汲み取ってプロジェクトに反映していきます。

営業の役割を兼任することも多く、特にコミュニケーション能力が求められます。常に相手の立場に立ち、気持ちを尊重した上で忌憚のない提案ができることが大切です。
 

3.アート・クリエイティブ系のWebディレクター

主にデザイナーの立場から提案を行う、クリエイティブに特化したタイプのWebディレクターです。Webデザイナーやフロントエンドエンジニアからのキャリアアップが多く、デザインによる課題解決のノウハウが求められます。ときには自身もデザインやコーディング、プログラミングの作業に加わりつつ、なぜそのデザインが課題を解決するのか論理的にクライアントに伝えます。

実際にWebデザイナーからアートディレクターという役割へキャリアアップした事例では、クライアントとのコミュニケーションやチーム運用の他に、進化していくWebデザインに対応していくためのチームマネジメントも重要だったといいます。各Webデザイナーに課題を与えるなどして成長するチームを作り、常に最新の課題に立ち向かえるようマネジメントできることはクリエイティブ系のWebディレクターの大きな強みだと言えます。
  

4.システム系のWebディレクター

システムに強い会社でディレクションを担うWebディレクターです。エンジニアやプログラマー出身者が担当することがほとんどです。現場のシステムエンジニアやプログラマーを統括し、Web制作会社やWebデザイナーなどと連携を取ってバックエンド領域の作業を進めます。
  

5.運用管理系Webディレクター

Webサイトの制作段階だけでなく、制作後の運用も管理するタイプのWebディレクターです。SEOの知識が求められ、サイト公開後にも施策を打って検索順位やCTRの改善を進めます。公開後の運用を見据え、制作時にもSEOの観点をふまえて情報設計を行います。記事コンテンツを担当してきたライターや編集者でSEOの知識があれば、運用管理系のWebディレクターに向いていると言えます。
 

Webディレクターの平均年収と需要

Webディレクターの平均年収は、「求人ボックス」によると正社員雇用で472万円です。(出典:求人ボックス ※2024年6月時点)

また、厚生労働省の職業情報提供サイト「jobtag」によると、Webディレクターの平均年収は551.4万円です。(令和5年の調査)

ただし、Webディレクターの年収は所属する企業、持っているスキル、担当するプロジェクトによって幅が広くなっています。例えば、プログラミング言語「Ruby」が扱える条件では水準が約5%上がるといった違いがあります。また、Webディレクターはマネジメント能力を培うことができるため、Webプロデューサーやマネージャーへのキャリアアップによりさらに年収アップにつなげることも可能です。

Webディレクターへの需要は増加しており、今後も高い需要が見込まれます。近年スマートフォンの普及でWebを使ったマーケティングや販促がさらに重要度を増しており、自社サイトやECサイト、SNS活用、Webアプリの開発などを行う企業が増加してきています。このような案件を円滑に進行するためには、企画からプロジェクトの進行、運用管理までを担えるWebディレクターの存在が必要となるからです。
 

Webディレクターになるために必要な4つのスキル

Web制作に必要なスキルを列挙すると、企画やマーケティング、デザイン、コーディング、プログラミング、文章コンテンツ、SEO、データ解析など膨大な数になります。Webディレクターはどの領域についても知識をつけておくことが理想ですが、すべてに精通するのは現実的ではありません。

ここでは、プロジェクトや担当領域によって仕事内容が異なるとはいえ、Webディレクターを務める上で特に重要な4つのスキルをご紹介します。
 

1.コミュニケーション能力

Webディレクターは、Webデザイナーなどチーム内の各メンバーとも、クライアントともコミュニケーションを取る立場にいます。そのため、コミュニケーション能力は最重要スキルだと言えます。

クライアントとのコミュニケーションでは、要望の裏にある意図を汲み取り、最短で相手の望む形を実現することが求められます。クライアントは必ずしもWebに明るいわけではないので、Webディレクターは言葉をそのまま受け取らずにその意図を考え、チームで作った成果物の意図を正しく伝えることが重要です。

チーム内のコミュニケーション、ひいては各メンバーのパフォーマンスを最大限に引き出すのもWebディレクターの大切な役割です。Webディレクターが一人ひとりのスキルや個性を把握し、適切な指示を行うことで、Webデザイナーやエンジニアなど現場のメンバーが質の高い仕事をできるようになります。また、各メンバーが意見を出し合い、多角的な視点で提案できるようなチームビルディングも重要です。これにより、Webディレクターひとりが考えるのではなく、チームで考えた柔軟な提案をクライアントに行うことができます。
 

2.スケジュール管理能力

Webディレクターはプロジェクトを滞りなく進行させる役割も担うので、スケジュール管理能力も求められます。企画段階でクライアントと合意した納期にきちんとクリエイティブを納品するには、納品を可能とするスケジュールを設計し、進捗を管理してプロジェクトをスムーズに進行させます。

スケジュールどおりに納品して品質も上げるためには、実際に作業するメンバーが時間に追われず作業に集中できる環境を作ることが理想です。スケジュールの各工程にきちんとバッファを設定し、Webディレクターが常に調整を行うことでメンバーはクリエイティブに専念できるようになります。また、常に進化するWebのトレンドに対応できるよう、チームメンバーがスキルアップできるような余地を作ることも重要です。
 

3.Web解析能力

Webディレクターが身につけておきたいテクニカルなスキルとして、Web解析のスキルが挙げられます。特に運用管理のフェーズではサイトの課題がどこにあるのかを把握する必要がありますが、その情報を適切に収集し具体的な施策に結びつけるためにはテクニカルなスキルが必要となります。必ず取る必要はないですが、ウェブ解析士という資格もあります。

Web解析を通してサイトの課題を洗い出すことができれば、クライアントの要望を実現するためのクリティカルな改善につなげることが可能です。

4.ある程度の制作スキル

Webディレクターには、デザインやプログラミングなど、ある程度の制作スキルも求められます。これらのスキルがあれば、クリエイティブを担当するメンバーとのコミュニケーションが円滑になり、具体的な指示を出しやすくなるからです。

また、自分自身でも簡単な修正や調整を行えるため、作業効率が向上します。

Webディレクターとして求められる知識

Webディレクターとして活用するために幅広い知識が必要であることについては前述した通りです。知識が豊富であればあるほど優れたWebディレクターになりやすいと言っても過言ではありません。

ここでは、特にWebディレクターとして専門的に深めていきたい具体的な知識として代表的なものをいくつかご紹介します。

Webデザインの知識

Webディレクターは、制作物がクライアントのイメージを具体的なデザインに落とし込まれているかを判断する必要があるため、基本的なWEBデザインの知識は欠かせません。

色彩理論、レイアウト、タイポグラフィなど、デザインの基本原則を理解していることで、デザインチームとのコミュニケーションが円滑になり、プロジェクト全体のクオリティを高めることができます。

プログラミングの知識

プログラミングの知識もまた、Webディレクターにとって重要です。具体的なコーディングはエンジニアに任せることが多いですが、HTML、CSS、JavaScriptなどの基本的なプログラミング言語を理解していることで、技術的な問題発生時に迅速な対応が可能になります。

また、システム設計や技術的な提案を行う際にも役立つでしょう。

UIやUXの知識

ユーザーインターフェース(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)は、Webサイトの成功に大きく影響します。UI/UXの知識を持つことで、訪問者が使いやすいサイトを設計することが可能になります。

具体的には、ナビゲーションの合理化、視覚的なヒエラルキーの設定、ユーザージャーニーの最適化などが挙げられます。

SEOの知識

検索エンジン最適化(SEO)は、Webサイトの集客に直結する重要な要素です。SEOの知識を持つことで、効果的なキーワード戦略を立てたり、コンテンツを最適化することができます。

検索エンジンの検索順位を上げることで、サイトの訪問者数を増やし、ビジネス成果を向上させることが可能です。

マーケティングの知識

マーケティングの知識を有したWEBディレクターは需要が高まります。

市場調査、競合分析、デジタル広告やソーシャルメディアの活用など、多岐にわたるマーケティング戦略を理解していることで、クライアントのビジネス目標の達成をサポートすることができます。

Webディレクターに向いている人の性格

Webディレクターという職種は多岐にわたる業務を効率よく管理し、高品質な結果を出すため、注意深い観察力やトレンドへの敏感さが必要です。

以下に、Webディレクターに向いている4つの性格特性をご紹介します。

細かい点に気づける

Webディレクターは、プロジェクトの全体像と細部の両方を見渡す能力が求められます。細かい点に気づける性格は、デザインや機能の微細な違和感を早期に発見し、修正を行う際に役立つでしょう。

品質管理が徹底され、クライアントの期待に応える高品質な成果物を提供できます。

トレンドに敏感

デジタル・クリエイティブ業界は常に進化しており、新しい技術やデザインのトレンドが日々登場します。トレンドに敏感であることは、最新の技術やデザインを迅速に取り入れるために必要です。

トレンドを常に吸収しておくことで、クライアントに対して競争力のある提案が可能となり、プロジェクトの成功率も向上します。

問題解決のアイデアを考えるのが好き

Webディレクターはプロジェクト中に発生するさまざまな課題に直面します。そのため、問題解決のアイデアを考えることが好きな人に向いています。

クリエイティブなアプローチを用いて、効率的かつ効果的な解決策を見つけ出す能力は、チームのパフォーマンスを最大化し、プロジェクトの成功を導きます。

責任感が強い

Webディレクターはプロジェクト全体の進行を監督し、クライアントやチームメンバーに対して責任を持つ役割を果たします。

責任感が強い性格は、プロジェクトの進行を確実にし、期限内に高品質な成果物を納品するための原動力となります。また、問題が発生した際に迅速に対応し、チーム全体をリードする力にもなります。

Webディレクター向けの資格

Webディレクターになるためには必ずしも資格が必要なわけではありません。しかしWebディレクターといっても業界か企業によって役割や仕事内容が異なるため人によってスキルや経験による違うがあるのも事実です。プロジェクト遂行のため幅広い知識が必要であり、基本的なスキルや専門知識を持っているということの証明のためにも資格があると転職活動がスムーズに進むこともあります。

Webディレクターにおすすめの資格

・Webディレクション試験(資格名:Webディレクター)
・Webリテラシー試験(資格名:Webアソシエイト)
・Webデザイン試験(資格名:Webデザイナー)
・ウェブデザイン技能検定
・Webクリエイター能力認定試験
・ネットマーケティング検定
・Webアナリスト検定
 
▼関連記事
Webディレクターにおすすめの資格|転職に有利?Webディレクションスキルを証明する検定や資格とは
 

Webディレクターはプロジェクトの成功を左右する重要な役割

ここまでご紹介してきたように、WebディレクターはWebに関する幅広い知識が求められ、クライアントやチームメンバーとのコミュニケーションやスケジュール管理など重要な役割を担います。簡単な職業ではありませんが、さまざまなスキルを身につけることができるため、将来のキャリアアップにもつながるやりがいのある仕事といえます。

directordirector

人気のディレクター求人

WEBディレクターを募集!

IN FOCUS 株式会社IN FOCUS 株式会社

ブランドサイト、コーポレートサイト、メディアサイト、ECサイトをはじめとするさまざまなWEBサイトのディレクション業務全般の担当していただきます。プロジェクトマネージャー、テクニカルディレクターとともにクライアントとコミュニケーションをとりながら、ヒアリング、要件定義、サイト設計、デザイン設計、制作の進行管理などが主な業務となります。 社内のデザイナー、フロントエンドエンジニアなどクリエイターと協力しながら、幅広いプロジェクトを指揮していただきます。また、現在デザイナーでディレクターを目指してる方も歓迎していますので、ぜひ応募してください。 【具体的な仕事内容】 ・コンセプト立案 ・情報設計 ・ワイヤーフレームの制作 ・UI / UX設計 ・インタラクション設計 ・デザインの要件定義、仕様設計 ・デザインディレクション ・制作進行管理 ・クオリティ管理

  • 東京
  • 中途
  • 500万~700万

デザインの品質も成果も底なしに欲張れるアートディレクターを募集します

TOMORROWGATE inc.TOMORROWGATE inc.

私たちのデザインはただつくるだけじゃない。そこに「顧客の課題が解決するのか」を徹底的に突き詰めます。 作って終わりの一般的な制作会社とは異なり、企画からデザイン・運用面までを通年で携わることができる、クライアントの真意へより踏み込んだ独自のビジネスモデルで、業界業種問わず幅広い企業から制作依頼を受けています。 案件は100%直接取引、下請けや代理店を挟んだ業務ではないため、より自由度の高いクリエイティブを提案することが可能です。 【業務内容】 クリエイティブ周りの制作ディレクション ・WEB(コーポレートサイト・採用サイト) ・映像(コーポレート動画・採用動画・CMなど) ・パンフレットなど トゥモローゲートでは、理念やビジョンを発信するための制作物を20種類以上手がけており、動画、WEBサイト、パンフレットに加えて絵本、四コマ漫画などクライアントの理念や目的に沿ったクリエイティブの提供が可能です。 企画→制作→運用まで一貫して自社で担えるところが弊社の強みとなっています。 プロジェクトの進行や管理だけではなく、クライアント企業に提案する制作物のクオリティにこだわり、より良いものを一緒につくってください。 また、制作物はこれだけではなく、まったく別の新しいものにもチャレンジできます。さらに、ディレクションだけでなく、DAA(デザインアワードアジア)、WEBアーカイブ、各紙新聞媒体など、メディアに取り上げられることも多い、トゥモローゲートの自社ブランド設計にも携わっていただき、新しい可能性を一緒に作り出してもらいたいと思っています。

  • 大阪
  • 中途
  • 400万~800万

地方創生・街づくりに興味のあるWEBディレクター求む(東京)

NINE Inc.NINE Inc.

WEBサイト/映像を中心としたマーケティングコミュニケーション企画や、クリエイティブ制作のプロジェクトにおいて、プロジェクトをリードする立場でディレクション業務をお任せします。 制作以外にも、街づくりや地方創生に関連する業務にもチャレンジできます。 ※同じ募集内容で静岡・焼津勤務もあります。  https://www.moreworks.jp/recruits/5139 ■クリエイティブ制作系のディレクション業務例 ・UX/コミュニケーションコンセプトの設計 ・WEBサイトのUI/機能の設計(ワイヤーフレーム等の作成) ・映像/印刷物/パッケージ/イベント等の企画や運営 ・プロジェクト/デザイン/実装のディレクション ■街づくり系のディレクション業務例 ・商店街の空き店舗活用 ・マルシェやコミュティづくりのイベント ・地域や地域企業のプロモーション ・学校/行政/金融機関等と連携した各種施策

  • 東京
  • 中途
  • 450万~580万